Hokuto-CRAFT's BLOG 北斗クラフトのブログ

デジタルミラーを付けてみた

Vol,1648

山形県寒河江市の
女性ひとりで来店しても怖くない自動車整備工場のブログです。
北斗クラフトは車を“大切に“乗り続けたい人を応援します。

現在、日曜日も営業しています。
ひとり体制で営業いたしますので、軽整備に限らせていただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■

こんにちは
北斗クラフトの中西和則です(^_^;

さて、

SNSによく出て来る広告が気になってました
それは

『ミラーカムSE』っていう商品

いわゆる、デジタルミラーですが

以前はあまり必要性を感じなかったのですが
最近、首の動きが鈍くなってきたせいか

ギリギリまでバックで寄せたいときなんか
車止めや縁石が気になって
バックカメラがあったらいいなぁ・・

なんて思っていたところへ

こんな商品が目に付くようになったのでした

後方のドライブレコーダーも兼ねていて
取り付けも割合簡単みたいだし・・・

そんなノリで、購入したので
感想などを書いてみようと思います。

まずはバックミラーとして

あ、後方のカメラはバックドアのガラス内側に取り付けました

ミラーに写る範囲が広い
側方も広範囲に見ることができるので
後方の死角が少ない

写るのはあくまでも《画像》なので
後方物の距離感がつかみにくい

同上の理由で、老眼の身には
ミラーと目の距離が近いので見づらい

メリット、デメリット
相殺すると、私にとっては普通の鏡のミラーの方が好ましい

ただ、後部座席に人を乗せたり
荷物で、後方が見えづらいという場合などは
そういう障害物に影響されないという点ではいいと思います

では、私が購入するきっかけとなったバックカメラとしてはどうでしょう

写真で見てもわかるように
カメラの取付位置にもかなり
影響しているとは思いますが

上下の幅が狭いからか、感覚が掴みにくい
カメラの位置をバンパー付近に移動し、
バック配線をすればガイドラインも出現するのでまた違う結果になるかもしれません

ただ、カメラを下に移動した場合
目線がかなり下になるので、
ドラレコやバックミラーとしてはどうなのか不安になります。

私自身、後方のドラレコは不要派なので
ドラレコ機能はどうでもいいのですが
バックミラーが見えづらくなってしまうのは、我慢出来ません・・

結論

後ろの見えないトラックなどになら
すごくいいと思うけど
バックカメラは、専用カメラにして
普通にナビ映るようにした方が良かったかも(^_^;


きょうも読んでくれてありがと様、またこんど(^^)

過去のブログは→ Amebaブログ ←こちら

ブログランキング(順位)にチャレンジしています。
良かったら下の「山形情報」クリックして応援お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ

休日(営業)カレンダーはページトップ直下の「お知らせ」にあります。
車検・定期点検・自動車整備・自動車修理・事故車修理・部品、用品取付・錆止め(防錆)・ガラスリペア・新車販売・中古車販売
ホームページ:北斗クラフト / Facebookページ:女性ひとりでも怖くない寒河江の自動車整備工場【北斗クラフト】 / もうひとつのブログ:『ポンコツ会長とワクワクヒーローズ』

0237-86-0299 ←スマホでご覧の方はタップすると電話が繋がります。

3+